Jflyサイト内 を検索 WWWを検索
HOME
アドレス録
  研究者名簿
(所属順・名前順)
研究グループ
ホームページ一覧
研究者検索
資料
  MLディスカッション一覧
年代別テーマ別
  マニュアル・プロトコル
  ムービー
  画像
  既知遺伝子のリスト
ストック情報・リンク集
  ストックセンター
Flybrain
世界のハエ研究室
トピックス
  高校の遺伝教育
  色覚バリアフリー
イベント
  研究会/セミナー/シンポジウム/学会
ニュースレター
  ショウジョウバエ通信
Drosophila Information Newsletter (DIN)
募集案内
  大学院 / 就職
Jflyガイド
日本ショウジョウバエ研究会
This web site is maintained by:
東京大学分子細胞生物学研究所・脳神経回路研究分野

 

J f l y ガ イ ド
  :: はじめに :: Jfly Mailing List :: Jfly HP :: FlyBrain 日本ミラーサイト :: 謝辞 :: 沿革

はじめに

Jfly は以下のサービスからなっています。ショウジョウバエを中心とするactive な生物研究を promote する補助になれば幸いです。

1:Jfly mailing list サービス (会員制)
  ショウジョウバエ研究に関連する情報を交換するメールリストと、bionet.drosophila ニュースグループ記事のメールでの転送。

2:Jfly ホームページ
  http://jfly.iam.u-tokyo.ac.jp
  ショウジョウバエ関連情報(特に日本語の情報)を集積・公開するデータベースです。

3:FlyBrain ホームページ
  http://flybrain.iam.u-tokyo.ac.jp
  ショウジョウバエ中枢神経系を中心とした画像データベースです。投稿も受け付けています。

Jfly mailing list サービス

Jfly に参加されると、

  サブジェクトに [Jfly] が付いたメール
  サブジェクトに [bio.dros] が付いたメール

の2種が送られます。

[Jfly] が付いたメールは、Jfly サービスの本体で、Jfly 会員のみに送られます。日本語も使えます。

[bio.dros] が付いたメールはインターネット・ニュースグループのひとつである bionet.drosophila ニュースグループの記事を転送しているものです。後述するようにニュースグループは世界中のインターネットに配信されているもので、この記事を取り込んでメールとして再転送しています。日本語は使えません。



参加を希望される方は、itokei at iam.u-tokyo.ac.jp までお知らせ下さい。ただし原則として卒業研究生・大学院生の専門的研究者を対象にしています。

Jfly 配送の中止やアドレス変更の連絡も、itokei at iam.u-tokyo.ac.jpまで、ご連絡下さい。
(スパムメール防止のため@は at に書き換えて記載しています。)

現時点でのショウジョウバエ研究会の参加者名簿(email、住所、電話等)は、ここでご覧になれます。

Jfly ホームページ

Jfly mailing list で流れた情報を蓄積したり、主に日本語で書かれたノウハウ集、プロトコル、住所録、ストックリストなどを提供するために、World Wide Web (WWW) ホームページを用意しました。


===データ提供のお願い===

Jfly に掲載するデータを募集しています。とくにラボで作成したプロトコルや絵、文書などを提供していただけると幸いです。どこの研究室にもプロトコルやノウハウ集、学生実験用に作ったマニュアルなど、コピーを重ねて代々伝わる「古文書」があるものです。論文の Materials and Methods には現われないこのようなノウハウを電子化し、蒐集して、誰でも引き出せるようにすれば、貴重な知識の共有が図れます。こんな些細な紙切れなんて、と思わずに、ぜひご一報下さい。他のラボの人には、得難い貴重なノウハウであるかもしれません。

フォーマットなどはこちらで適当に整形できますので、itokei at iam.u-tokyo.ac.jp まで、ご相談下さい。こちらへのファイル送付は、小さいものならメールで、大きなものならフロッピーや MO、FTP で可能です。
(スパムメール防止のため@は at に書き換えて記載しています。)

FlyBrain 日本ミラーサイト

http://flybrain.iam.u-tokyo.ac.jp

FlyBrain はショウジョウバエ中枢神経系を中心とした画像データベースです。
 Flybrain, an on-line atlas and database of the Drosophila nervous system. Armstrong, J. D., et al. (1995). Neuron 15: 17-20.
胚期から成虫までの脳や中枢・末梢神経系の画像を集積しており、アトラスとともに、論文等に発表された写真のオリジナルデータや、スペースやストーリーの関係で論文に掲載できなかった画像などを集めています。アクセスナンバーのついた画像はレフェリーの審査を受けており、論文等で引用可能です。
(Neuron, Development, Cell and Tissue Research などとは引用についての交渉済みです。)

伊藤はこのデータベースの coordinator の一人になっていますので、投稿していただけるデータがございましたら、お気軽にご連絡下さい。

謝辞 and disclaimer

Mailing list と Web サーバーの運営には、東京大学・分子細胞生物学研所の機材と回線を使っています。Mailing list のプログラム作成には、阪南大学の前田利之氏の協力を得ました。2004年のサイトリニューアルとデータベース設計は、中澤木聖氏に依頼しました。感謝いたします。

このシステムの運営は、私や東京大学分子細胞生物学研所の本業という訳ではないので、システム不具合への迅速な対応や接続へのサポートなどについては保証できませんが、ご了承願います。

では楽しんで下さい。

1995 年 6 月 29 日/7 月 20 日/11 月 9 日
1996 年 5 月 31 日/7 月 7 日/10 月 1 日  
1997 年 3 月 17 日/10 月 13 日
1998 年 6 月 4 日
2003 年 5 月 15 日
         伊藤 啓

沿革

1995.6.21
  科学技術振興事業団(当時は新技術事業団)山元行動進化プロジェクトの機材を利用して、メーリングリストのテスト開始。
1995.6.26
  gopher サーバーのサービス開始。サーバー名:papageno.jrdc.go.jp
1995.6.29
  メーリングリストを本発足。
1995.7.20
  http サーバーとホームページのサービス開始。
1996.10.2
  新技術事業団と日本科学技術情報センターの統合に伴い、ドメイン名が変更。新サーバー名:papageno.jst-c.go.jp
1997.3.12
  ドメイン名の再度変更。新サーバー名:papageno.jst.go.jp
1997.10.13
  サーバーを Mac (PowerMac 6100) から Unix (SGI Indigo 2) に変更。
  新サーバー名:flybrain.jst.go.jp/jfly
1998.6.5
  基礎生物学研究所の機材 (SGI O2) に移動。需要の減った gopher サーバーを廃止。
新サーバー名:jfly.nibb.ac.jp
2003.5.15
  研究室の移動に伴い、東京大学分子細胞生物学研究所に移動。
  新サーバー名:jfly.iam.u-tokyo.ac.jp
2004.10.21
  古くなった SGI O2 から PowerMac G4 Server に移行。サイトデザインを初の全面リニューアル。アドレス録の検索を可能にする。